主夫デビュー時の悩み 妻が友人から受けるストレスでイライラ!対処法は?

20160710s以前、専業主夫の始めた頃の悩みとして「妻の親との関係」について書きました。
専業主夫の悩み デビュー時、主夫を容認できない妻の親との関係に悩む

今回は、同じく主夫デビュー時に経験した「対:妻の友人・知人」との関係について、実際にワタシが直面した悩みや辛かったことをまとめてみました。

「妻の友人」との主夫をめぐってのこんなエピソード

妻が「前の会社の同僚」との飲み会、さらに学生時代の友人との飲み会にで実際にあったエピソード。

それは「○○ちゃんの旦那、仕事何してはるの??」
とかなりの高確率で聞かれるというもの。

これ。。。実は聞く前から何となく知ってるんですね、誰かに聞いて、ワタシが主夫であるということを。これを踏まえたうえで読み進めてくださいね。

別にワタシからすれば、普通に妻に「シュフやけど」。と答えてくれたら良い…と思う^^妻も別にそう答えるのはオッケイのようですが、あまりにも聞いてくる人が多く、だんだんとそれが面倒になってきたと。

では、これに対しワタシは何がイヤかと言うと、べつに妻の友人たちに何を言われても一向に構わないんです^^「勝手にゆーとけや」って感じで。

そんなことではなく、妻が友人から言われることによって「ストレス」を感じること、これがツライんですね。そしてそのストレスはほぼワタシに襲いかかってくる!!

これが怖いし、悩みなんですね。

別にいいやん、どんな仕事をしてたって。。。と思うんですがね。まぁ話のネタ的には面白いと思います、その方々にとっては^^ひょっとすると、そこから何やら「不幸話」を聞けることを期待しているのかも。でも、実際は不幸でも何でもないんですけどね!むしろ、幸せであります。

なぜ、妻の友人たちは夫の仕事を聞きたがるのか?

以下、やや邪推かも知れませんが、その友人たちの立場を推理してみました^^
下記の図式を見てください。

夫 → 仕事をして給料をもらってくるもの

このスタイルが当たり前だというガチガチの考えがある。だからそれに反している家庭があれば、イコール「不幸では?」と考えてしまうのではないか?

この図式が当たり前だと思っている人、もちろんこれは多いでしょう。
そして、そう考えるのも別にいいでしょう。考え方は自由であります。

でも、やっかいなのはここ。
思うだけに留まらず批判をしてくるんですね。さらにはそこから介入してくるんですね。

「それアカンやん」とか、「働いてもらったら?」とか言ってくる。
さらに「ダンナと一度話してみたら?」とか言うのもいる。

「ホットケや!」

そこまで来たら、もう超がつくくらい大きなお世話!それはわが家が決めること。わが家がそれで良いのならば、それでいいんでっせ。

書いているうちにまた怒りが沸々とこみ上げてきました(笑)

この悩みについての対処法は?

まぁこの類の人たちっておそらく「○○さんって不幸~」的なネタが欲しいだけかも知れない。このネタを面白おかしく話したいだけ。人の不幸は蜜より甘いって言葉も昔からある^^

ただ、人と違うスタイルでワタシたちが生きているからと言って、「イコール不幸」だと思われるのはたまったもんではないですが!

そして、こんなことを言う人たちに限って、実は自分の家庭が上手くいってないとか、何かしら問題を抱えているというケースが多かったりもする(汗)

このあたりの出来事が主夫になって最初の頃しんどかった事です。


ではどうすれば良いか?

こんな事を言ってくる友人・知人はこの際どうでも良い。要はワタシの妻の考え方、対応の仕方によるんですね。

対応策としては、話のネタを求めてくる友人・知人の言うことはテキトーにあしらう、ほっておく、これですね!

本当に大切な友人は面白半分、ネタ欲しさの話題はしてきません!

でも、主夫業スタート時はまだまだ諸事経験が浅いので、この問題に直面してイライラしてしまう人もいるでしょう。ハガネのようなハートを持っている人には無関係かもですが、普通はやはり人に言われると何かと気になってしまうものです。

でもやがてこれは上手くあしらえるようになります!

そのためには、「妻が経済面を支え、主夫が家庭を守る」スタイルに誇りを持つことが必要です。そして、数年経った現在、ワタシたちにこの当初抱えていた悩みはもうありません^^

 

 

コメントを残す