ゴムのべたつきを除去する方法 掃除機のグリップがえらいこっちゃ^^

クリスマスの飾り付け
昨年に「クリスマス用」の飾りを小屋裏収納にしまっていたので、本日それが入った箱を出しに小屋裏へ向かいました。

 

ちょっと気が早いかも知れませんがね^^

 

で、その時に小屋裏をゴソゴソしていたら、奥の方に「前に住んでいた」家で使用していた掃除機を見つけた。。。

 

それはこんなヤツです。

スティックタイプの掃除機
 

「あ、完全にこいつの存在を忘れていた。。。(笑)」

 

そして
「これ、使えるやん!!

と思いました。

 

例えば、1Fのどこかの部屋の隅の方に設置しておいて、汚れの多いキッチン回りなどをブォーっとお手軽に掃除をする。

 

いいやん

 

あとは、本体からカパッとミニ掃除機が外れるので(ツチノコみたい)それをロフトなどの狭い部分でブォーっとかける。
20151107n_1
 

それもいいやん

 

と思いさっそく本体を充電(あ、これ充電するタイプです)しました。

 

本体グリップのゴムがベタベタになっていた掃除機

充電しようとした時

 

何やら本体のグリップ部分のゴムがネチャーっとして、ベタベタした状態になっている!!!
「気持ちワリィー」

 

すかさず手を洗いましたが、よく洗わないとそのベタベタはなかなか取れない!

 

一気に戦意を喪失したのですが
「これを何とか除去する方法はないものか?」
ということでネットで検索すると

 

ありました!
ちなみに「ゴム べたつき 除去」で今回リサーチしてみました^^

 

ゴムのべたつき除去の方法は案外と簡単!
ワタシが実戦した方法は

 

ティッシュにアルコール(キッチン用のものでオッケイ)を十分に染みこませます。

 

そして

 

おもむろにベタベタべにべたついている部分を拭きます。

 

もし、かなりベトベトしている場合はなかなか取れないので、何度も何度も繰り返します。

 

ティッシュはこんな感じで汚れがベットリつく^^
20151107_2
※あんまりキレイなものではありません(注意)^^

 

どうやら、「ゴム」や「プラスチック」などは長時間保管しているとこのような状態になりやすいらしいです。

 

で、キレイに拭き取ったあとは
「元のツルツルとしたゴムのグリップに戻りました」

 

何か感覚としては、ゴムの部分が溶け出したように思えて

 

「もうダメかな?」

 

と、もう元どおりに修復はできないと思ってしまいがちですが、その場合は一度ワタシみたいにアルコールで拭き取ってみれば良いかもですね。

 

おそらく、ゴムがこのような状態になったのを経験した人は結構多いはず。
もし遭遇したら試してみてくださいね!

 
ちなみにですが
 

「ティッシュにアルコールを染みこませて拭き取る」という方法以外にも色々と除去するやり方はあるようですが、まぁこれである程度のべたつきは取れると思います。また別の方法でも試してみたいと思いますので、その際はまた記事にアップしますね!

 

で、現在その掃除機は充電中。
充電後、わが家の各部屋で活躍、重宝されることでしょう♪

 

 

 

コメントを残す