専業主夫(婦)って楽ですよね?比較すれば楽かも知れない!ただ・・・

20160713s_1
専業主夫(婦)って楽ですよね?

ネットなどを見ているとちょくちょくこのフレーズに出くわします。これは、これから結婚を考えている若い方、意外にも高校生や大学生がこの質問をしているケースが多いんですね。

そして、どうやら「働いている人」と比較して、主夫は楽と考えているようです。

ワタシの考えとしては、「家事」だけを切り取って考えてみるとそりゃ楽ではない!となる。それも家事はその日一度きりではなく、毎日延々と続いていくのですから(汗)

出来ればこんなことはやりたくないものです(笑)

ただ働いてくる側と比較すれば。。。

でも、働いて稼いでくる妻(夫)と比べるならば、若者の考えと同じでそっちの方がしんどいし、主夫の方が楽だとワタシは思います。

ワタシ自身、大学を卒業してサラリーマンを長くやっていたので、仕事をして稼ぐことの大変さは分かっているつもりです。なのでそちらと比較するとやはり主夫の方が楽かなぁと。

ちょっと具体的に言えば、まず家事は、毎日たくさんのやるべき事がありますが、それはあくまで自分のペースで取り組むことが出来ます。

たとえどんくさくて家事の能率が上がらなくても、先輩や上司に怒られることはありません^^家事が出来ないからといって「お前、もうクビやっ!」と言われることもない。また、通勤で長い時間電車やバスに乗っていくこともない。

あくまで自分のペースで家事を進めていくことができますね。

そうなると、外で働く立場の人と比べたら、主夫(婦)の方が楽なんだろうという結論にやはりなる。

どちらが大変か?楽か?ではない

でも、ここからが大切なんですが、働いてくる側か主夫(婦)かどちらが楽か?という比較は全くもってムダであります。

どっちの方が楽かしんどいか、そういうことではなく、結婚して夫婦をやっていくと、仕事や家事に加え、家の用事としてやらなければならないことがホントにたくさん出てきます。子どもが生まれたりすればなおさら。

余談ですが、「そんなん別にやらへんかったらいいやん!」という人が稀にいますが、それは違います^^やらないとグダグダのプライベートになる。

それはさておき、夫婦ならばどちらかが稼いできて家庭の経済を支える、そしてもう一方が家事や生活のために必要な用事をこなしていく。

これだけのことなので、「主夫(婦)は楽なの?」という問いに対しては、働く側と同じように主夫(婦)も大変だと答えます。外に出ればたくさんの敵がいてそれらと戦う毎日。一方で家事は毎日延々とやるべきことがありそれらとの戦いがあります。

なので、そもそも「比較する」ものでもない、これが本当の結論かも知れませんね。

コメントを残す