キャリアウーマンに専業主夫との結婚をおススメするその理由は?

20160814s
仕事をバリバリやっている女性、いわゆるキャリアウーマン。仕事も楽しくこれからもずっと続けていきたい!だから結婚には躊躇している…
というように考えている女性は案外多いのでは?と思います。

そんな働く女性、キャリアウーマンの方に言いたい!
専業主夫と結婚してみてはどうで
しょうか?と^^

世の中に「主夫希望」の男性は結構存在する

働く女性が、仕事のある男性と結婚すると「家事」というものが毎日の暮らしの中にプラスされます。家事を分担したとしてもやるべき事は間違いなく増えてしまいます。

その事を考えるとなかなか結婚を決断出来ない。でもそれが理由で「結婚しない」と言うのであれば、少し考え方を変えてみるのもいいですね。そこで、主夫をしてくれる男性と結婚するならば事態はちょっと変わってきませんか?

でも周りに主夫っていないけど?

世の中には「主夫になりたい」という男性が実は結構いるんですね。今回、主夫という存在が良いか悪いかは置いておくとして、こんな公のデータがあります。

2010年の国勢調査によると

「家事のほか仕事をしている」いわゆる兼業主夫の数は約2万9千人
「仕事に就いておらず家事をしている」いわゆる専業主夫約6万人

合わせるとその数約9万人。これだけの主夫が存在しています。そしてこの人数は今後さらに増えてくるとも言われている。

主夫は家庭を守り、あなたをサポートしてくれる存在

キャリアウーマンのあなたは結婚はしたくないわけではない。でも結婚によって生じる諸々の煩雑なことを考えると躊躇してしまう。そして決断ができない。

先ほどにも書きましたが、そういうこであれば「主夫希望」の男性との結婚をおススメします。ヒモではなく、ちゃんとした主夫ならばきちんと家事をこなし、奥さんをしっかりサポートしてくれます。なのであなたはもう何も心配せずに仕事に打ち込むことも出来ると思います。

ワタシは結婚することをおススメしたいのではなく、しっかりとプライベートを含めてサポートしてくれるパートナーの存在があればさらに仕事も上手くいくのでは?と考えるからです。ちなみにわが家でも、妻は仕事の日には「仕事以外何もしなくても良い」というスタンスにしています。きっちり話し合ったうえでやっており、それでとても上手くいってます^^

20160814s_2

もちろん、世の中には色んな考えを持つ人がおり、「女性が稼ぎ頭で、もし解雇等で仕事が出来なくなったらどうするんだ?」という人も希にいます。ただ、それは女性だけに限らず男性が稼ぎ頭の場合でも同じこと。

また、「病気で仕事が出来なくなったらどうするんだ?」とも言われますが、それも男女共同じことですね。どちらが稼ぎ頭であろうとそんな差はないとワタシは考えます。ただ女性は「妊娠と出産」については少し違ってくるのですが、それは今回はちょっと置いておきます。

主夫なんて周りにいない!主夫希望なんて受け入れてもらえない!との声もあるが…

ある大きな某Q&A系サイトを見ていると、専業主夫希望の男性が「主夫になりたい」とか「なるには?」と書き込んでるケースが多々あります。それに対して、「主夫なんて周りに誰もいない」とか「そんな男性を受け入れてくれる女性は世の中いない!」という返答の書き込みがあります。

こんな回答をする人は案外多いのですが、ワタシはそれに異論があります。それは、単にその回答者の周りに「主夫がいない」だけの話しです^^現に主夫はたくさん存在していますし、なりたいという男性もたくさん存在していますよ。特に若い男性の主夫希望者も最近は多いようです。

なので、その点は出来るだけ広い視野で捉えてもらい、ネットの書き込みなどの理由で「主夫なんて見つからない」とあきらめてしまわないでくださいね。

主夫希望の男性とどうすれば巡り合える?

ただ主夫希望の男性との出会いはなかなか簡単ではないと推察できます。ただでさえ忙しい日常の中でピンポイントで主夫希望の男性と巡り合うのは困難です。

ではどうすれば良いか?

それには最近よくある「婚活サイト」などに登録して利用するのが有効です。

ここで、婚活サイトといった類のキーワード自体に抵抗を感じる方もあるかと思います。ただ、結婚相談所のように自分から電話をかけたり足を運んだりすることはなく、ネット上でPCやスマホを使って利用することが出来るので、その点少しハードルは低いかと思います。さらに、出会い系サイトなどとは違うのでその点も安心できます。

それで実際には、昔からある結婚相談所はよりは婚活サイトが良いですね。結婚相談所には「年収が高い男性」が登録しているというイメージがあります。実際にそうかも知れません。

一方「婚活サイト」であれば、それこそ年収があまり多くない人からそこそこ高い人まで幅広い登録者がいるので有効だと考えます。おそらくですが年収がそこそこある男性に「主夫」を求めても上手くいかないと思うので、年収があまり多くない方とも交流してみるとそこから何かしらする可能性もあります。

働く女性が増えてきて、収入の高い女性も多くなってきた。結婚すれば色々な障害が生じる。それは面倒だけど結婚がしたくない訳じゃない。そうならば、パートナーとして「主夫」を探してみるのもすごくいいですね。現役主夫であるワタシ、強くおススメするところであります。

コメントを残す