兼業主夫の夫、毎日行う「ルーティーン」があります!

兼業主夫の夫であるワタシ。

 

毎日、毎日行う「ルーティーン」があります!

 

今、話題の日本ラグビー代表の五郎丸選手がキックの前にするルーティーンならカッコいいんですが。。。

 

ワタシのルーティーンはちょっと違います^^
まず、朝起きてやること。わが家にふたつある

お風呂の掃除
トイレの掃除
20151013n

これをまず最初にやります!

 

正直なところ、お風呂掃除やトイレ掃除など、ホントはひとつ掃除するだけでもメンドくさいもの。それが二世帯のためふたつある。。。

さておき

基本、これはどこかに遊びに行くため朝が早い場合以外はやります!
それが終わると、ようやく兼業主夫の「兼業」部分である仕事に入る。

 

看護師妻が日勤の場合は帰宅するのがだいたい18時ころ。
その場合は

 

だいたい17時ころから夕方のルーティーンが始まります。


まずは、洗濯物をたたみ、クローゼットやバスルームへ
朝食で使用した食器を食洗機で洗ったもの。これを元の場所に戻す
リビングにフローリングワイパーをかけてお掃除
あとはひとく汚れている場所がある場合、そこのお掃除

 

もし、看護師妻が夜勤のため出勤する時は
このルーティーンにプラスで簡単な食事作りが入ります。

 

主夫と言ってはおりますが、食事は基本は看護師妻が担当することになっています。
また、洗濯は賛否あるかもですが、基本は二世帯なのでワタシの母が担当してくれています。

 

さらに看護師妻が仕事に行っている時、ワタシのお昼ゴハンは母が作ってくれる。

 

これはワタシがひとりだとカップ麺などしか食べないので健康面を考えた末そうなりました。看護士妻もその方が助かるし、気が楽だそう。

 

洗濯とゴハンを母に担当してもらう分、兼業主夫の夫が親世帯のお風呂やトイレを掃除したり、ゴミだしをしたり、高齢の親では負担がかかる事を代わりにやるようにしています。

 

二世帯なので、こんな感じで持ちつ持たれつでやっていくと、まぁあまりトラブルなく円滑に日常生活が回っていくのかなと。

 

このあたりが二世帯住宅のある意味ひとつのメリットなのかも知れないですね!

 

 

 

コメントを残す