主夫へのイメージは7割が肯定的?!新主夫をサポートする意欲がさらに湧く

20160704s

インターネットサイトにある興味深い「アンケート結果」がありました。そのテーマは「夫婦の働き方について」というもの。

それを見みると、「夫のみが働いている」と答えた人が全体の6割。過半数越えです。その他にも質問はありましたが、注目すべきところは下記です。

夫が働き、妻は家庭を守る。

これがアンケートのまとめ部分にあり、さらに「このうような文化がいまだに強く残っている」とも書かれていました。そうですね。。。これについては、「まぁこんなものでしょう」というワタシの感想です。

そして、ワタシがこのアンケートの中で注目した一番のポイント。
それは「専業主夫に対するイメージ」についての質問でした。

結果を見る前のワタシの予想としては、悪いイメージが7割ほどあるのでは?というものでしたが。。。その結果は少し違ったようです。

「いいイメージがある」と答えた人は29.8%
そして「特に何も思わない」と答えた人は38%ほど

「あまりいい印象はない」と答えた人はだいたい32%ほど。

この結果は意外で、ちょっと驚きました^^

ただ、このアンケートがいつとられたものなのか、それがちょっと調べても分からなかったのですが、注目したいのは「特に何も思わない」と答えた「38%」の方ですね。

特に何も思わないということは「別にオッケイ」という意味でワタシは解釈したのですが^^

全体の7割が主夫に肯定的?!

そうなると、「いいイメージがある」と「特に何も思わない」という回答を足すと全体の7割ほどを占めることになります。

で、ポイントとなるのは「特に何も思わない」と回答した方たち。先ほどワタシはその方たちは主夫に対して肯定的と解釈したのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

ここで「特に何も思わない」と答えた38%の方の意見を見てみましょう。

・固定観念のない自由な考え方だと思う(夫婦共々)
・どちらが家事専従でも、家計が回れば夫でも妻でも特に問題はない
・妻がキャリアウーマンならばいいのでは?
・世間体に捉われない優しい夫というイメージ

この回答を見ている限りではやはり「肯定的」ではないか!と^^
そうなると、専業主夫に対する世間のイメージは思ったより悪くないのかぁと思っております。

この結果から、ワタシが思うこと。

まずは主夫に対するイメージはそんなに悪くないということ、これに大変満足です^^自分の中で勝手に「主夫のイメージは良くないだろう」と決めつけていたので。

特に現時点ではもう世間体などはほとんど気にならなくなっているので、どんな悪いイメージがあったとしても問題はなかったのですが、悪いよりは良いイメージである方が全然良いです!

今後、「主夫をやりたい方」、「主夫をしてくれる夫を探している女性」の数はさらに増えてくるとだろうと思います。その方々のために、このサイトを通して少しでもサポートや後押しをすることが出来ればと思い今回この記事をまとめてみました。

何せ世間は肯定的であるということに気をよくしていますので、俄然主夫サポートに燃えていきたいと思います^^

 

 

コメントを残す