雨戸のシャッターを最近閉める。もしも壊れたら修理・交換は簡単??

雨戸
最近、各部屋の雨戸のシャッターを閉めるようにしています。それはだいたい夕方16時くらいに。昨年引越してきた時はほとんど閉めたことがなかった。閉めるのはたまに台風がきた時くらいでしょうか。

 

では、なぜ最近は閉めるのか?

 

それは、サッシ窓のレールのところに「ナニモノ」かが糞を落とすからです。ワタシ的にはあれはコウモリではないかと踏んでいる…フフフ。。。

 

そのレールのところ、しかも隅の一番取りにくい場所になぜか溜まっており、掃除がかなり大変なんです。それでどうすれば防ぐことが出来るのか?それを考えたところ、雨戸のシャッターを閉めてしまえば、レール部分が隠れるので糞を落とされることはないのでは?

コウモリ
 

ということに気づき、さっそく実践しました^^
もちろん、それ以来糞を落とされることはなくなりましたね(祝)

 

あとは、何となくですが「暖房効率」が良いような。完全にピシャっと締まり部屋が密閉されるので、温まった部屋の温度が下がりにくいような気がして、です^^

 

ただ、毎回開け閉めして思うこと。
それは、このシャッターはどれくらいで寿命を迎えるのか?

 

あるいは、もし何かしらで故障した場合、交換や修理は簡単にできるのか?ということ。もちろん、窓は既製品なのでそれに対応する雨戸シャッターはあると思いますが、もしその対応するものが廃盤になった場合は??

 

なーんて、考えてしまいます^^
またその価格も心配ですね。修理、交換どちらにしてもちょっと高そう…

 

まぁ、まだしばらくは何ともないと思いますが^^

 

 

コメントを残す